• 天領ひた豆田町情報1996年掲載分

  • 天領ひた豆田町最新情報はこちらどうぞ
    天領ひた豆田町情報1997年掲載分はこちらどうぞ


    96年12月31日
    赤司羊羹新春初売りのお知らせ
    本年も大変ご愛顧並びに弊店ホームページを応援して頂きまして誠にありがとう
    ございました。 赤司羊羹では新春初売りを1月3日(金)朝10時より行います。
    先着100名様にお年玉として美味しいお茶をプレゼントいたします。
    美味しい羊羹とお茶で新春を迎えてはいかがですか。

    96年12月16日
    赤司羊羹からのお知らせ
    赤司日田羊羹本舗では現在年末年始にきインターネットによる日田羊羹の販売
    を一時中止しております。97年1月中旬より再開致したいと思っております。
    E-Mailでのご来店の予約はお受け致します。ただし当時や前日ではメールを読
    んでいない事もありますので3〜4日前までにはご予約頂けると助かります。

    96年12月13日
    日田インターネットの会主催NTTのOCN事業説明会
    96年12月11日午後6時より日田温泉山陽館にてNTTのOCN説明会が開催されま
    した。事務局の明石憲志氏の挨拶の後、NTT大分支店法人営業本部長上村昭廣氏
    によるOCN事業説明の後、熱心な質疑応答が交わされていました。
    説明会後日田インターネットの会の忘年会をかねた懇親会も満月舟上にてにぎ
    やかに行われました。

    96年11月30日
    赤司羊羹インターネット通販開始
    96年11月28日より赤司日田羊羹本舗はホームページ開店一周年記念企画として
    インターネットによる日田羊羹の販売を開始致しました。
    12月15日までにご注文頂いた方にはもれなくみゆき商店街オリジナル天領タオル
    をプレゼント!是非ご利用下さい。詳しくは赤司羊羹のページをご覧下さい。

    96年10月26日
    第五回 豆田町酒蔵コンサート開催
    10月22日(火)午後6時半 シェトス弦楽四重奏団を迎えクンチョウ酒造酒蔵にて
    酒蔵コンサートが開催されました。
    演奏曲目はJ.ハイドン、モーツァルト、ブラームス作曲による弦楽四重奏曲から
    でした。コンサートの後演奏者を交え参加者とのパーティーも行われました。
    豆田町酒蔵コンサート実行委員会 事務局 武内 真司(ホテル風早内)
    TEL.0973-23-6970

    96年10月23日
    第十七回日田天領まつり開催
    10月19日(土)・20日(日)両日好天に恵まれ第十七回日田天領まつりが開催され
    ました。県外からの観光客の方々も多く江戸天領の時代へのタイムスリップを
    楽しんでいました。写真は今年のスナップです。海外からの留学生のみなさんも
    参加していました。

    96年10月16日
    みゆき商店街オリジナル 天領タオル
    日田天領まつりを記念してみゆき商店街では毎年恒例のみゆき商店街オリジナル
    天領タオルを制作していますが 本年度のタオルが出来上がりました。(絵柄は
    毎年替わります)みゆき商店街の各店で粗品として配られたりお土産として販売
    されています。

    96年10月3日
    第十七回日田天領まつりのお知らせ
    10月19日(土)・20日(日)両日第十七回日田天領まつりが開催されます。
    豆田みゆき通り商店街も天領まつり中、商店街役員による天領屋台(ぜんざい処)、
    天領小判一割得々セール、ちびっこ小判釣り、他様々な企画を準備しております。
    ぜひみなさん、遊びに来て下さいね。詳しくは天領まつりのページを見てね!

    96年9月28日
    アミット・ロイ シタールコンサートのお知らせ
    10月3日(木) 宇治山哲平美術館ではインド古典音楽の新星アミット・ロイ 
    シタール コンサートが開催 されます。
    銀のように輝く旋律、悠久の国インドのひびきをお楽しみ下さい。
    入場料 前売り2000円 当日2500円 PM6:30開場PM7:00開演です。

    96年9月27日
    豆田みゆき商店街 通常総会開催
    豆田みゆき商店街(木下弘一郎会長)は若野屋旅館にて夕方6時半より平成8年度通常
    総会を開催し、事業報告ならびに会計報告が行われ了承されました。
    また本年度事業計画として天領祭りの企画や天領タオルの絵柄の紹介、視察研修事
    業、歳末大売り出し(抽選により海外旅行)、商店街のホームページを活用した情報
    発信事業の推進などが検討されました。

    96年9月26日
    草野本家 秋の特別展のお知らせ
    大分県内最古の商家として県指定有形文化財の草野本家では10月15日(火)〜11月
    24日(日)までの期間、無休で公開するそうです。10月19日(土)20日(日)に天領
    まつり
    もここ豆田を中心に盛大に行われます。

    96年9月18日
    和洋菓子講習会 日田菓子組合
    日田玖珠地域産業振興センターにてAM9:30〜PM14:30まで和洋菓子講習会が開催
    されました。この講習会は 熊本製粉(株)の主催で製菓材料店原博商店、製菓機材
    の(株)キューハン、日田菓子組合の後援で行われました。

    96年9月12日
    ホテル風早のページオープン
    96年7月にここ豆田町に純和風のホテル風早(かざはや)がオープンしたことは、
    このNEWSの欄でご紹介しましたが、インターネット上にホテル風早のページが、
    出来上がりました。詳細はホテル風早のページをご覧下さい!

    96年9月1日
    咸宜地区町内対抗運動会
    豆田町のある咸宜地区の町内対抗運動会が咸宜小学校運動場で曇天の中
    開催されましたが、途中雨が降りだし午前中の競技のみで昼食後は午後
    競技を中止とし恒例の仮装行列とじゃんけん大会のみ行い閉会しました。
    結果は13町内中、豆田第一自治会(豆田上町)が2位、我が豆田第二自治会
    (豆田みゆき通り)は残念ながら12位でした。

    96年8月21日
    ねぇねぇコーヒーぜんざいって知ってる?
    豆田町のおはぎで有名な田舎庵さん(赤司羊羹駐車場横)で売られているコーヒー
    ぜんざい
    が美味しいよ。コーヒーと小豆粒餡とアイスクリーム、一見ミスマッチに
    思えるがこれがなんとも美味!最近雑誌やラジオにもとりあげられたそうです。

    96年8月1日
    えんま祭り協賛夜市中止

    豆田みゆき商店街では毎年8月16日に大超寺えんま祭りに協賛して夜市(歩行者天国)
    を行っていましたが、本年は都合により中止する事が決まりました。

    96年7月23日
    日田祇園終了
    7月18日の駅前集団顔見せは台風接近のため中止となりましたが、20、21日の
    祇園本番では天候に恵まれ盛況のうち朝山、昼山、晩山とも無事終了しました。
    22日は山鉾やテントの解体をし23日夜は薮入りを行いすべての行事が終了しました。
    写真は昨年の7月日田駅前集団顔見せに8町8基の山鉾が勢揃いした時のものです
    ---撮影 HROAKI AKASHI ---
    96年7月14日
    祇園山鉾組立及び飾り付け完了
    豆田下町みゆき通りでは 7月14日午前9時より町内の青壮年が集まり祇園山鉾を
    組立て午後からは人形3体も取り付け夕方までには、ほぼ飾り付けを終えました。
    その夜8時から毎晩交代で夜警も始まり祇園本番を待つのみとなりました。

    96年7月10日
    ホテル風早オープン
    豆田町に純和風のホテル風早(かざはや)がオープンしました。
    赤司羊羹本舗と宇治山美術館のまうしろに位置します。
    「すべて女性の目から見た視点で造り上げました」オーナー武内氏談
    詳細はホテル風早のページでお知らせします。現在制作中近日公開!

    96年7月7日
    祇園山鉾小屋入り
    豆田下町みゆき通りは 7月7日午前中町内の青壮年が集まり祇園山鉾用のテント
    (納車庫)を赤司羊羹駐車場に建て 午後は山鉾本体の土台組を行いました。
    夜は7時より天領資料館にて囃子方を交え祭りの無事を祈る小屋入りの行事が行わ
    れました。

    96年7月6日
    珍しい七夕飾りを展示
    豆田下町の市山亭懐古館では 7月7日の七夕まつりに合わせ明治時代から伝わる
    珍しい七夕飾りの展示を始めました。展示は8月末までの予定だそうです。

    96年6月3日 祇園祭の準備が始まりました
    豆田下町みゆき通りでも7月20日、21日の祇園祭にむかって山鉾にのせる屋形
    の整備や山鉾に飾り付けるアヤメやぼたんの飾り花の制作が始まりました。
    日田の祇園は豆田地区4町で4基の山鉾と隈地区でも4町で4基の山鉾と10mを
    越える高さの平成山鉾1基がひたの夏を彩ります。

    96年5月7日
    大分銀行豆田支店が新装開店
    豆田上町通りにある大分銀行豆田支店はこの古い町並に似合うなまこ塀と瓦葺
    きの店舗に改装工事をしていましたがこの程完了しました。
    隣に見えている高い建物が豆田の天守閣(木造三階建て)日本丸館です。この時期
    は古い五月人形等を公開中です。
    96年4月21日
    ゴールデンウィークは臨時列車がお得!。
    JR九州では駅長おすすめの散歩道として「ひた.吉井散歩道号」を3月20日〜
    5月31日までの土曜.日曜.祝日及びゴールデンウィーク(4/27〜5/6)の毎日
    一日一往復臨時列車を走らせています。なんと博多-日田往復わずか2000円
    プラスおまけ付き。おまけもすごい!豆田観光割引券と温泉無料入浴券さらに
    日田菓子組合の協力で7〜800円相当の日田銘菓(日替わり)がお土産としてもら
    えるのです。
    主なダイヤ博多9:57発-日田12:01着 自由行動 日田16:17発-博多18:10着
    詳細はJR九州日田駅0973-23-2528又はJR九州各駅へお問い合わせ下さい。
    是非このチャンスに 天領ひたへ遊びに来て下さい。

    96年4月8日
    4月7日をもちましておひなまつりが終了いたしました。
    本年も多くのお客様においで頂き心よりお礼申し上げます。
    期間中おひなさまを見損なった方にお知らせです、廣瀬資料館では江戸時代
    の雛人形
    を常設で公開していますので是非ご覧下さい。

    96年4月1日
    月隈公園(永山城跡)の桜が五分咲きです。
    娘(小5)がQuickTake150で撮ってきた写真です。
    花見の場所取りでロープが張られていたそうです。ここの他日田で花見ができる
    所は、亀山公園、萩尾公園、鏡坂公園などがあります。
    96年3月28日
    祝大分自動車道全線開通
    本日玖珠-湯布院間が開通しました。これにより湯布院別府方面に観光客が流れ
    日田観光の危機が叫ばれていますが、逆に大分別府方面より多くのお客様が訪れ
    て頂けるように また福岡、長崎、佐賀、熊本のお客様が日田インターで降りて
    みたくなるように努力しなければいけないと思います。

    96年3月15日
    「日田往還」が「歴史国道」に選定さる
    日田市豆田町と伏木町間の10キロが歴史上、広域的な道路として利用され、歴史的、
    文化的な価値のある道路を整備、保存、活用する建設省の「歴史国道整備事業」に、
    江戸時代、豊前との往来に利用された日田市の「日田往還」が選ばれました。
    これを受けて、日田市では新年度から順次、保存、活用のための事業を進める予定。
    これにより豆田地区は歴史的町並みの保存運動と連携して、電線の地中化などによる
    歴史イメージの創出、豆田b石坂間は案内板の設置や桜並木の整備、石坂では石畳道
    の保存事業などが考えられているそうです。
    96年3月3日
    嶋屋本家の石丸くんが天秤棒に美味しいお菓子などをかついでお嬢ちゃんと豆田
    の町を「饅頭いらんかーい」と大きな声をだしていました。もし見かけたらお土
    産に買ってあげてね!
    一緒に記念写真を撮るだけでもOKだよ!気軽に声をかけて下さい。
    嶋屋本家でも母、娘、孫三代のひな人形「雛三代ちょっと見展」開催中です。

    96年3月1日
    今年も3月1日より草野本家のお雛様も公開がされ、市内各所で行われている
    ひなまつりがいよいよ本格的に始まった感じです。
    土日となれば午前11時から3時頃まで豆田の町がまるで歩行者天国のように
    観光客であふれています (残念ながら歩行者天国ではないので車に気を付け
    て下さい)
    ゆっくりご覧になるなら平日がお奨めです。行列がお好きな方は別ですが....

    天領ひた豆田町最新情報はこちらどうぞ
    天領ひた豆田町情報1997年掲載分はこちらどうぞ